ぐっすり眠りたい働く女性のための安眠対策法をご紹介!

昼間ずっと仕事をしていて一日の疲れをグッスリ眠って解消したいのに、夜は夜で不眠でなかなか寝付けなかったりすると、体も脳も疲労困憊な状態になってしまいます。日本人の5人に1人はぐっすり寝れないと言われている昨今ですが、寝れないのにはそれぞれ理由があるので、できる限り原因ごと取り除くような工夫や対策をすることが、根本的な安眠対策となります。例えば、アルコールやカフェインを過剰摂取してしまうと、脳が興奮しているので体が眠りたくても脳がリラックスできないために不眠に陥りやすくなります。この場合には、寝る数時間前には神経を高ぶらせるような成分の摂取を控えるなど、生活習慣を見直すことが安眠対策となります。

 

心配事や不安、ストレスやイライラなど、精神的なバランスが崩れてしまうと、女性はすぐに眠れない体質になってしまうので注意が必要です。できるだけイライラやストレスは溜めこまないようにストレス解消法を見つけたり、リラックスできる方法を自分なりに見つけるための努力は必要ですが、どうしても不眠を解消できない場合には、睡眠改善薬のサポートを借りて眠るというのも悪くない選択肢です。夜ぐっすり眠ることによって体内の疲労やイライラをすっきりと解消できるだけでなく、翌朝はシャキッと目覚めやすく、翌日のエネルギーややる気レベルが格段にアップするはずです。

 

市販されている安眠グッズを活用する方法も悪くありません。例えば、朝起きた時に首や肩、背中が痛いなと感じる人は、体に合っていない枕を使用している可能性があります。快眠グッズとして販売されているものを利用するなどして、体に負担がかからずに翌朝スッキリ目覚められる枕を探すのも安眠対策となります。また、寝室で寝る直前までタブレットやスマホ、パソコン、ゲームなどをすることも不眠の原因となります。寝る直前にはできるだけ頭を休めてあげるように心がけたり、寝室は寝るためだけの部屋と決めることも効果的です。

更新履歴